ENGLISH

コーヒーの歴史 ~ 世界史におけるコーヒー ~

3. ローマ教皇までも魅了した「悪魔の飲み物」

イスラム教国を中心に広まったコーヒーは、17世紀になると、ベネチアを足がかりにヨーロッパへと浸透していきました。ところが、ヨーロッパ各地でいろいろと論議が巻き起こります。「イスラム教徒の飲み物を、キリスト教徒が飲むのは問題だ」というのです。

その後、賛否両論が持ち上がり、ますます議論は過熱。しかし、当時のローマ教皇クレメンス8世は、異教徒が持ち込んだその摩訶不思議な飲み物を口にすると、すっかりその美味しさに魅了されてしまいました。そして、「“悪魔の飲み物”といわれるのに、こんなにおいしい。これを異教徒に独占させておくのはもったいない」と、わざわざコーヒーに洗礼まで施させ、ついにキリスト教徒の飲み物として受け入れました。こうしてコーヒーは、一気にヨーロッパ全土へと広まっていったのです。

コーヒーの持つ独特の芳醇な香り、味わいに誰もが虜になったのですね。