ENGLISH

沿革

1972年11月 コーヒー生豆商社(株)ワタル商会〈現ワタル(株)及びワタル不動産(株)〉とコーヒー焙煎加工業者57社の共同出資により、共同コーヒー焙煎加工工場とその販売会社として設立(資本金9800万円)
1979年10月 工業用コーヒー(缶コーヒー、コーヒー牛乳、菓子などの原料用)及びOEM(相手先商標)によるコーヒー製品の多品種少量生産を開始
1985年9月 厚木工場に業務用・家庭用コーヒーの2次加工(袋詰、缶詰)生産設備が完成
1990年2月 神奈川県厚木市酒井に加工量増加の目的で酒井工場が完成
1990年6月 新製品「コーヒーバッグ」を開発し、製造販売を開始(製法共同特許取得)
1993年10月 コーヒー加工技術の向上と当社独自製品の開発を目的に本社内に開発研究室を設置
1994年9月 神奈川県厚木市飯山に2次加工(袋詰、缶詰)工場として飯山工場が完成
1995年10月 神奈川県伊勢原市に生産能力向上を目的として伊勢原工場が完成
1999年6月 日本証券業協会に株式を上場
1999年8月 本社、厚木工場、飯山工場、酒井工場、伊勢原工場のすべての事業所においてISO9002の認証を取得
2000年8月 東京証券取引所市場第二部に株式を上場
2001年4月 従来の4工場を集約した神奈川総合工場が完成
2001年5月 JAS有機食品の製造業者認定取得
2001年9月 東京証券取引所市場第一部に株式を上場
2002年1月 当社5タイプ目の焙煎機として、シアトル系カフェに最適な米国製ディードリッヒ焙煎機を導入し、あらゆる焙煎のニーズに適合するロースティングプラントを完備
2002年12月 神奈川総合工場においてISO9001の認証を取得
2003年8月 生産性向上を図る目的で焙煎機(ディードリッヒC240K)、包装機(ボッシュSVE2510QR高速縦型ピロー包装機。通常のピロー包装機の高さで、袋四方角コーナーシールを実現)を導入
2004年3月 業務用コーヒーと家庭用コーヒーの販売拡大に伴う包装加工工程などの増強を目的として神奈川総合工場の隣接地を取得(土地面積8459平方メートル)
2004年11月 神奈川総合工場においてISO14001の認証を取得
2005年10月 業務用・家庭用の増加に対応し、神奈川総合工場を増築及びR&Dセンターを開設
グアテマラのハリケーン被害に義援金100万円を寄贈
2009年12月 UCC上島珈琲株式会社(現 UCCホールディングス株式会社)を割当先とした第三者割当による募集株式の発行を行い同社と資本・業務提携を実施
2011年7月 神奈川総合工場において、食品安全システム認証規格「FSSC22000:2010」の認証を取得
2012年7月 神奈川総合工場において労働安全衛生マネジメント OSHMS認定を取得
2014年4月 R&Dセンターに新しい香り分析機と味覚センサーを導入
2015年12月 神奈川総合工場において、品質保証カメラを23台、焙煎及び二次加工品包装エリア入口に入場制限ドアを導入
2016年7月 神奈川総合工場において、ICタグによる従業員位置検出システムを導入