ENGLISH

コーヒーの歴史 ~ 世界史におけるコーヒー ~

7. 1杯のコーヒーのため60粒のコーヒー豆を数えたベートーベン

コーヒーを主題にしたクラシック音楽では、バッハの「コーヒー・カンタータ」が有名です。この曲は、市民の憩いの場として当時人気のあったコーヒーハウスで演奏するために作曲、発表されました。ドイツでは、この曲は「シュバイクト・マティーレ・プラウデルト・ニヒト」(黙れ、しゃべるな)というタイトルで知られています。バッハは大のコーヒーマニアで、コーヒー愛好家によるコーヒー叙情大声楽曲ともいわれています。バッハと同様、コーヒー好きとして知られているのが、孤高の天才作曲家ベートーベンです。ベートーベンは1杯のコーヒーをいれるために60粒のコーヒー豆を自ら数えて使い、朝食はその濃厚なコーヒーだけを愛飲していたといわれています。濃厚なコーヒーは魅惑的な香りと清涼感があり、頭は冴え、心までも躍動させる不思議な力を持っています。それがベートーベンの情熱的な作曲意欲をかきたてたのかもしれません。

コーヒーが無かったら、これほどたくさんの名曲は生まれなかったかもしれませんね。