ENGLISH

コーヒーの歴史 ~ 世界史におけるコーヒー ~

1. 2つのコーヒー発見説「エチオピア説」&「アラビア説」

コーヒーの発見については、さまざまな説があり、いまだにはっきりしたことはわかっていません。その中で有名な説としては、ヤギ飼いカルディが登場する「エチオピア説」と、僧侶オマールが登場する「アラビア説」の2つがあるといわれています。

エチオピア説(キリスト教説)

エチオピア高原に、カルディという名のヤギ飼いがいました。彼は、ある日、いつものようにヤギ飼いの仕事をしながら野山を歩いていると、野生の赤い木の実を食べて興奮し、日夜騒ぎ回っているヤギの群れを見つけました。不思議に思ったカルディは、近くの修道院の僧に相談し、一緒にその実を食べてみることにしました。すると、どうでしょう。みるみると気分爽快になり、疲れがとれ急に元気がみなぎってくるではありませんか。さっそくほかの僧にも勧め、徹夜の修行でも誰1人居眠りせずに、修行に励むことができるようになりました。やがて、その修道院は「眠らない修道院」として有名になったそうです。

アラビア説(イスラム教説)

昔、シェーク・オマールという名のイスラム教の若い僧侶がいました。彼はイエメンのモカで病気に苦しんでいた王女を、祈祷によって救いました。しかし、王様が王女との恋仲を疑いはじめ、ついに、オマールは無実の罪で追放されてしまいます。食べるものもなく、山の中をあてもなくさまよい歩くオマール。お腹がすいてしかたがありません。すると、1羽の鳥が赤い実を食べながら陽気にさえずっています。空腹だったオマールは、試しに小鳥が食べていた赤い実を摘み取り、煎じて、スープをつくってみました。すると、なんともいえない良い香りがします。飲んでみると、驚くほど疲れがとれて元気になるではありませんか。その後、医者でもあったオマールは、この赤い実を使ってたくさんの人を病から救いました。そしてついに、罪が許され再びモカへ帰ったオマールは、守護聖人として人々に崇拝されるようになったそうです。

コーヒーがいつの頃から飲まれ始めたのかは、はっきりとはわかっていませんが、コーヒーノキの原産地はエチオピアと考えられており、その後、アラビアに伝えられたといわれています。